凍える声。


今の私に残されたもの。
キスマークと甘い痛み。
就き付けられる現実が胸を掠めた時、殺那さと寂しさの狭間で、
私は涙を流す。
貴方の心が私を苦しめる。
愛しいと云える程、存在が離れない。
お別れはいつも淋しいけれど、いつも素っ気無い二人。
お互い振り向きもせず、「バイバイ」この一言だけ。
どうして素直になれないの?
どうして何も云えないの?
貴方を困らせたくない。
だって恋人じゃないんだもの。
いつだって切ないのは私だけなの?
貴方と一緒に居る時だけ、私は貴方の物になれるの?
平気で嘘を吐く人。その優しさも嘘?
時々冷たい人。
その笑顔も台詞も行為も嘘?
存在も偽者?
全てが分からなくなる。
怖いんだ。知ってしまうことが。
それでも時折見せる笑顔につられてしまう私はいったい。

私の中に残ったもの。
身体を締め付ける程、切ない。







SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー