春風


使い古した靴眺めては
小さい頃の記憶を
良く思い出しながら
あの大好きな曲を聴いていた

俺の親父の背は大きく
散歩に引く手は温かく
僕の泥んこになった服を
睨みつけながら
頭をぐしゃぐしゃに撫で返した
「またママに怒られるぞ」

断ち切れない思いを引き摺りながら・・・
何年経っても変わらないその容姿(スガタ)
抜け出した家を振り向きながら走った
「もう俺は大人になりました」
雛鳥の様に拙いながらも
一つ一つを文字にした
初めて親へ書く手紙
時を越えて届いた返事に
真面目に綴られた言葉が
俺を叱っているかの様でした

久しぶりに向き合った顔は
あの頃程の若さはなく
それでも威厳だけは消えぬまま
笑い掛ける
果たされなかった約束を 今

『乾杯』
あれが最初で最後の酒だった





SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー