Powder snow,truly love


朝が明けるのを待っていたね 君も僕もまだ子供だった
今は夜ばかりを見つめて 小さな傷さえ埋められない二人だけど
心だけは 自然に繋がることを覚えたね

最後に笑った君は 何にも変えられないものになったけど
離した手をずっと握っていれば良かったと後悔だけが先に立つよ
独りきりのベッドは冷たく 君の残像ばかりを探してる

焼き付いた君の華奢な躯 僕の中で眠った躯
静かな夜を讃えて そっと優しく眠ろう
忘れないから この記憶 泣いて泣き腫らして
そっと触れた唇が 今は懐かしい

あの頃の君は何もない夜が 怖いと云った
二人まだ子供だったね
変わらず闇が待つこの部屋は 君だけが居ない
短い一時に 深く沈むから truly love

現実を砕いた君は 何処を探しても見つからない
離した手をずっと握っていれば良かったと後悔だけが先に立つ
ずっとずっと一緒だと 思っていたのに・・・

粉雪が舞い散る 静寂の中
君の影を見つけて走ったのはマボロシ







SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー