翳-KAGE-


大地が震える翼を秘めた 僕はもう果て逝くだけ
君と居た時間だけが空回り 何を残せてあげられただろう

もう目の前には輝きの失せたリングが一つ
寂しそうに置かれている
いつしか思い出しては涙を堪えながら
僕の中に眠る君を探している
最後に見た笑顔が焼き付いた日 あれからもう五年
死ぬ限り最後の景色は消えようとはしない

僕の心を奪った君が愛しくて 見えない明日を描いた
夢を見た 叶わない夢を
季節が告げる悲恋の唄 もう戻れないとも解っている

冷たく横たわるその笑顔と身体
そっと抱き締めてキスをしたけれども 息吹はない
僕には何も出来ないなんて 蔑んでいるかな?

誰も居ない所へ独り沈みたい
君の残したリングを指に光らせて 全てを壊そう








SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー