鬼唄


届かない想いはいつも 僕を捕らえては
恋した貴女の姿を想い出させる
闇に解けた最期の詞(うた)が
充ても無く聴こえてくる

季節は廻り 悲しみは癒えど
影を堕した幻影は消えぬまま
夢を見る

深い想いを言の葉に込めた
花が薫る頃 月は紅く
貴女の残した微笑が
桜夜(さくらよ)を讃えて想い出されて

―――いつかまた必ずお逢いします。

秘めた気持ちを
空に架かる虹を見つめながら
心の片隅に居て 薄くぼやけては
笑顔を曇らす
もう一度 顔を見せて・・・

届かない想いはいつも 僕を捕らえては
恋した貴女の姿を想い出させる
闇に解けた最期の詞(うた)が
充ても無く聴こえてくる








SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー