愛しき日々


老いてなお 君の笑顔を見ていたい
ずっとずっと君の笑顔を・・・

雨降りの街 横角で擦れ違った二人
あの頃はまだ他人で
これからの未来なんて見えなかった
名前も聞かずに離れた二人だけど
ふいに出逢ったのは 半年前の雨の日

桜咲き乱れる祇園坂
見出した愛もこの花の様に 咲き繰り返しながら
確かめ合いたい

もう少し二人で居たい ってこれ程の言葉は
望まないから
キスを交わした分だけ 夜を越えて

初めて歩いた祇園坂
人の波に呑まれては 繋いだ手は温かく
このままで居て

老いてなお 君の笑顔を見ていたい
ずっとずっと君の笑顔を・・・
この胸の中で抱き締めて 離さないから

桜咲き乱れる祇園坂
果てしなく続く道の様に
初めて歩いた祇園坂
心の痛みを知らずに済むのなら
ずっとずっと 君を離さない








SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー