Close in the World


指に絡み付く君の細いしなやかな手
記憶の中に眠る神話
愛が足りないと不安めいた
哀しげな微笑が消えず
別れの朝も女神のような妖艶さを見せ付ける

夜の闇は寂しさを連れてベッドに入り込む
あの時素直に預けていたら
人生なんて物を分かり合えたのだろうか

窓の外を白く染める粉雪も
浅い眠りの中の君まで 掴めない幻
なぜ心をこんなにも占領するのか
迷い込んだ荒野には 明かりは見えない

街に拡がる喧騒 路に遺る車輪の轍
何もかも壊してしまおうか
廻り始めた世界を止められず
ただただ独り立ち尽くしているだけ
君が居ない それだけで意味がない
堕ちた希望も 心から秘めた気持ちに気付いてもらえたら
存在理由なんて俺には必要ないくらい
君に傍に居て欲しい







SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー